プライバシーポリシー

特定非営利活動法人かうんと5(以下「当団体」といいます)は、活動の参加者をはじめみなさまのプライバシーを尊重し、個人情報を保護することが、活動を行う上で重要であると考えています。当団体は、個人情報保護法そのた関係法令を遵守し、以下の考えに則って個人情報の適正な取り扱いに努めます。

1. 個人情報の定義

当団体が収集、使用する個人情報とは、個人情報の保護に関する法律に規定される生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレスなどの情報であると認識しています。

2. 個人情報利用目的の特定

当団体は、個人情報を収集、使用するにあたっては、その利用の目的を明確にします。

3. 個人情報利用の制限

当団体は、あらかじめご本人、ご家族の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

4.個人情報の安全管理

当団体は、個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理が図られるよう、合理的な対策を講じます。また、個人情報を取り扱う従業員に対しては必要かつ適切な監督を行います。

5. 委託先の監督

当団体が、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先と機密保持を含む契約の締結、または、当団体が定める規約に合意を求め、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

6. 第三者提供の制限

当団体は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

7.個人情報の開示、訂正、削除等

ご本人から個人情報の開示、訂正、削除を求められたときは、ご本人であることが確認できた場合に限り、合理的な範囲で速やかに対応いたします。



ページのTOPへ▲