かうんと5とは

プロレスは試合中の反則が許されている唯一の競技である。
しかもカウント5までOKなのだ。
プロレスは競技ではない、ショーだという人がいる。
確かに、試合には一連のストーリーがある。
だが、その話の展開は実にエネルギッシュで激しい。流血沙汰もいとわない。
こうして観客席を興奮のるつぼに引き込みながら、あらかじめのストーリーがあったことなど忘れさせてしまう。
私たちはこんな空気を障害のある人たちの支援の場面にも吹き込みたいと思った。
常識的でお行儀のよい福祉ではなく、障害のある人たちがあたかもリング上のスターであるように、
一緒に盛り上がりたいと考えた。
しかも、カウント5まで反則もありだというなら大胆不敵な試みに挑んでみたい。

 



ページのTOPへ▲